読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blog::Trapple

技術系のちょっとしたメモとか

英語人狼 Werewolf in English #1 を開催しました。

目的

英語の勉強を続けていて、とにかく生きた英語を使う機会を増やさないとだめだ、と感じるので何かアクションを起こしたかったのですが、HDEさんの英語人狼のエントリーを見て前からかなり興味を持っていた英語人狼を自分でも主催してみました。

http://werewolf-in-english.connpass.com/event/27785/

人狼とは

人狼を知らない人のために説明すると、誰が人狼か会話しながら当てるゲームです。
ゲームは村人とそこに紛れ込んだ数人の人狼に分かれて始まります。ゲームは昼と夜があり、昼は皆で話し合い一人を人狼と断定して村から追放する。夜はこっそり人狼が目を覚まし、村人を一人食い殺す。これを繰り返します。
最近はフジテレビが人狼の実況をTV番組にしたことで一気に有名な遊びになった感がありますね。

対象

対象とする英語レベルは相当低めの設定にしました。
自分含めまともに英語で会話出来ないレベルの人が多かったと思います。
それでも人狼というゲームの目的がはっきりしてる場なので、単語だけでも伝わるし、ゲームとしても十分成り立ったと思います。
むしろ良かった点として、普段の人狼は圧倒的トーク力によって場を制圧する人が出てくるケースが多いのですが、いかんせん拙い英語なのでそういうこともあまり起こらずゆるいゲームが出来たと思います。

準備

connpassを使って応募をしましたが、初回ということもあり主催の知り合いまでに限定して応募しました。次回はオープンでいいかなと考えています。

カードはミラーズホロウの人狼のカードを利用しましたが、役職は独自に変更しました。ミラーズホロウのカードを採用した理由はカードに絵しか書いてないから役職はどうにでも出来るからです。
但し英語でゲームをするにあたって役職の呼び方は統一ルールがあった方が良いと思ったので役職表をつくっておきました。

f:id:trapple:20160310084659j:plain:w320

工夫

1ゲーム終わる度に、今回のゲームで良かったフレーズ、上手く伝えられなかったフレーズなどを振り返って、持ち込んだホワイトボードに書いてもらい、皆で再確認などをしました。 これはすごく良かったと思います。

f:id:trapple:20160309194417j:plain:w200f:id:trapple:20160309194613j:plain:w200f:id:trapple:20160309220100j:plain:w200f:id:trapple:20160309212328j:plain:w200

書いてもらったホワイトボードは写真に取って持ち帰ります。
ちなみに皆で考えた英文を後日HiNativeで添削してもらったら、結構ボロボロでした。笑 (添削)(添削) (添削)(添削)
それはそれで後日振り返りとして共有したかったので、専用のTwitterアカウントを作りました。

1ゲームごとに付箋を1枚配り、どうしても英語に出来ない時にこの付箋に日本語を書いて伝えて良い、というルールを追加しました。
がしかし、単語だけでもなんとかゲームになってたしあまり活躍することはありませんでした。
ただこの会の目的はあくまで英語の勉強なので、1ゲームに1回位は自分なりの英作文が作れるような工夫を考えたいです。

気づき・反省

羞恥心緩和のためにお酒を用意してたけど、飲み過ぎると英語学習なんかどうでもよくなります。
次回は軽く飲むだけにしたいところ。

英語力ネイティブレベルの人を呼びたい。
今回もそれなりに声をかけてはいたのですが、直前で来れなくなったりでネイティブレベルの人はいない状況となりました。
その場で正しい英語を教えてくれる人がいれば学習の質もぐっと上がるのは言わずもがな。

最終的に14名参加(GM抜くと13名)のゲームになり、それはそれで大変面白いゲームになったのだけれど、早々に退場になった人はやはり暇になりがちでした。
人が集まってくる前の序盤に4人(人狼・村人3)でやったゲームですら、英語の壁のおかげか十分成り立ったので、小さな村で遊ぶのもありかもしれないと思います。その場合GMが必要だと無駄が多いのでマスターレス人狼などの導入を検討してみようと思います。

今後やってみたいこと

昼のターンの制限時間後に、1人最大30秒程度の主張タイムを設けたい。フリータイム中、あまり喋れなかった人もここで最低1言だけでも発言して欲しいし、英作文のトレーニングにもなりそうです。

英語人狼でよく出てくる単語や使えるフレーズを何かにまとめたい。皆で追加・編集・共有出来て、当日もスマホで見ながら使えたら最高。何かこういうことに適したサービスないでしょうか。

こんな感じでまだ手探りではありますが、月1くらいのペースで開催できたらいいなと思ってるので、興味のある人はconnpassの英語人狼コミュニティに入ってもらったり(次回応募開始時にメールが飛びます)twitterアカウントをフォローしたり、よろしくお願いします。

connpass http://werewolf-in-english.connpass.com/
twitter https://twitter.com/werewolf_in_en